フェイスリフトで顔のたるみが改善

子供の頃から肌荒れやニキビに悩まされていた

子供の頃から肌荒れやニキビに悩まされていた : 30歳を過ぎてしみやしわが35歳を過ぎてたるみが : 糸を用いたフェイスリフトで初めて自分の肌に自信を持てた

私の子供の頃からの悩みは、肌がきれいではないということでした?。
小学生の頃はあまり意識したことはありませんでしたが、今になって当時の写真を?見ると、私の肌は周りのクラスメイトたちと比べると明らかに荒れていました。
元々?肌が弱かったのか、よく真っ赤になってしまっていたことを覚えています。
幸運に?もそのことをクラスメイトにからかわれるようなことはなく、いじめの原因にもなり?ませんでしたが、写真を見ると赤く荒れて目立っていたのです。
空気が乾燥する冬に?なると余計に荒れてしまい、時には痛みを感じるほどでした。
中学生になると、思春期独特の肌荒れを引き起こしていました。
ニ?キビがたくさんできてしまったのです。
この頃の自分の肌を振り返ってみると、鏡を?叩き割ってしまいたくなるほど自分の肌が嫌いでした。
鏡を見る度に憂鬱な気持ちに?なってしまい、人と積極的に話すことができなくなりました。
クラスの皆が私のよう?な汚い肌の人間と話をしたくないと思っているのではないか、心の中で笑っているの?ではないかと考えてしまい、人と接することが怖くなってしまったのです。
その気持?ちに拍車をかけたのが、ある日クラスメイトの男子生徒に言われた言葉がきっかけで?した。
その男子生徒は私が座っていた席までやって来ると、私の顔をじろじろと眺め?た後、顔に何かがたくさん付いていると言ったのです。
きっとニキビのことを指摘し?たのだと思うのですが、私は思わず教室を飛び出してしまいました。
もしかしたら男子生徒は、本当に軽い気持ちで言ったのかもしれま?せんが、私にとってはそれ以上ないほどのきつい言葉だったのです。
大げさではなく?、あの言葉がナイフのように私の心を引き裂いたといっても過言ではありません。